栄養ケア
care

高齢者栄養ケアサポート elderly nutrition care support

食のもどかしさを無くしたい・・・
最期まで好きなものを好きなだけ・・をお手伝い

  • 管理栄養士が医療機関と連携して高齢者の栄養のサポートをします。
  • 介護サービス利用者さんの「食」についてサポートします。

高齢者栄養ケアサポートとは

一般的な栄養管理ではなく、高齢者に必要な病態栄養学を考慮したアセスメントを実践しております。

加齢に伴う運動量の低下、消化器能の低下、噛む力の低下などから、食事量が減少してくる高齢者が多く見られます。

これらは「年だから、年のせいだ」と思われがちですが筋肉量を維持、増加させ、フレイル(虚弱)やサルコペニア(加齢による筋肉量の減少)を予防し、寝たきりではなく活動的な日々を過ごすためには、充分な栄養が必要です。

 

必要な栄養とプラスの栄養 about nutrition

栄養状態のバロメーターでもあるアルブミン値は、蛋白摂取不足による栄養状態の低下の他にも下記のような身体状況でも低下してきます。

  • 肝機能低下による、アルブミン合成障害
  • 腎不全、ネフローゼ症候群による、腎臓からのアルブミン漏出、広範囲のやけどによる、体表面からのアルブミン漏出、たんぱく漏出性胃腸炎による、消化管からのアルブミン漏出
  • 感染症、炎症性疾患、悪性腫瘍などの疾患や、手術などの侵襲による、アルブミン消費増大の時

アルブミン値の低下は、栄養状態の低下を疑うと同時に、アルブミン低下をもたらす疾患が隠れていないかを判断する必要があります。

 

サポートとアドバイス support and advice

  • 身体状況・栄養状況に合わせた栄養のアドバイス
  • 食事摂取量と栄養状態のスクリーニング・モニタリング
  • 退院して在宅療養となる利用者さんの栄養サポート
  • 摂食・嚥下に合わせた栄養のアドバイス
  • 各慢性疾患の方への食事と栄養の対応サポート